適正な摂取カロリーを

痛風を予防できる食品を知る

best medicine

痛風になる方は、中年の男性が多いようです。 乱れた食生活でカロリーを取りすぎたり、アルコールの量が多い方などに痛風の症状が出やすくなります。 規則正しい生活をすることにより痛風は予防することが可能になります。 まず外食が多い方は控えるようにします。食べすぎや贅沢な食事は避けるようにするべきです。 とくにたんぱく質や糖質や脂肪を多く含む食品は良くありません。 なるべく自炊をするように心がけると良いです。 じゃがいもやトマトなどの野菜類やワカメやノリなどの海藻類などがとくにおすすめです。 低カロリーでアルカリ性であるため尿の酸化を防ぎ尿酸の増加を抑えてくれるため予防につながるのです。 また痛風の予防に効果的なものにカリウムを含むスイカがあります。利尿効果があるためです。

薬に頼らず食事療法でなおす

痛風の症状が辛い方は薬によって痛みをとりのぞくことは出来ます。 しかし薬に頼るだけでは痛風が良くなることはありません。やはり食事療法により予防していかなければなりません。 痛風は高脂血症や高血圧症と合併してしまうこともありますので気をつけなければなりません。 また動脈硬化や心筋梗塞などの病気にもつながっていく可能性もあります。 関節や足の親指などに痛みを感じる方は早めに医師に受診してもらうようにしなければなりません。痛風は常に痛みを感じるのではなく発作的に痛みを感じます。そのため痛みを我慢して少し放置される方も多いのですが良くありません。 人間ドッグや健康診断の時には必ず尿酸値を確認して予防することが大切です。